ウォーターサーバー 赤ちゃん 調乳

ウォーターサーバーは赤ちゃんに安心な純水が1番!調乳にも最適。

赤ちゃん、乳幼児
赤ちゃんのためにウォーターサーバーを用意するとき、選ぶベストな基準は「純水」であるかどうか?
「純水」とはその名のとおり不純物(塩素や微生物)が除去されたもので、別名「ピュアウォーター」と呼ばれています。
ウォーターサーバーでは、自宅の浄水器で除去することが難しい不純物をミクロレベルで取り除いた純水を届けてくれます。

そして赤ちゃん向けに大切なポイントはもう1つ、「軟水」であること。
内蔵が未発達な赤ちゃんはミネラル成分が苦手。お腹をこわしてしまったり、腎臓に負担がかかりさまざまな病気の誘発に繋がります。
そしてミネラルが少ない水は日本で販売される粉ミルクとの相性が良く調乳向きです。
赤ちゃんの為に用意した水が、逆に赤ちゃんのからだに負担をかけるなんてあってはならないことです。
「純水」かつ「軟水」の水であるウォーターサーバーを用意してあげましょう!




▶▶ 赤ちゃんにはピュアな軟水が1番!ハワイウォーター

アメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムが超軟水を実現!



ハワイウォーターが超軟水を実現できているのはアメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムと呼ばれる目が0.0001ミクロンという極小サイズのフィルターを使用しているから。
水を浄化を化学的な薬品を使って行っているメーカーもある中、技術で浄化ができているのはやはり赤ちゃんにも安心
ウォーターサーバーの水はその成分に目がいきがちですが、採水から家族の口に入るまでの全ての工程が安全であることが「赤ちゃんに真によい水」を選ぶ大切なポイントです。
ハワイウォーター、水の浄化方法、水の殺菌方法
ハワイウォーターは大自然・オワフ島に降る雨が水源。
雨はスポンジ状の火山岩を通過する際、自然に長い時間をかけろ過されるので、この時点で他の天然水を比べても純度が高いのが特徴です。
そしてオワフ島地下200mから摂水された水は品質が徹底された工場に運ばれ、5ミクロンのフィルター (HEPAフィルター) と、活性炭のフィルターで比較的大き目の不純物が除かれます。
そして次の工程で登場するのがROシステム。
ROシステムではさらに1ミクロン~0.0001ミクロンの膜が5段階で働き、目では確認不可能な微粒子レベルの不純物を取り除きます。
そして最終工程はUV・オゾン処理で非加熱殺菌されます。
実はこれもハワイウォーターのポイントで、非加熱殺菌は水のおいしさを損ないません。しかし非加熱殺菌の仕組みは高額で、日本では加熱殺菌で対応しているウォーターサーバー水が殆どなのが現状です。



▶▶ 確かな水源にろ過法まで安全な水は?ハワイウォーター

放射性ヨウ素・セシウムの水道水への混入が不安なママが選ぶ水NO.1


赤ちゃんに安心な水を飲ませたいママが選ぶ水、NO.1はハワイウォーターです。

ママと赤ちゃん、子育て、親子

その理由は…

  • 純水・軟水で味がおいしい

⇒軟水であるかどうかはカルシウム・マグネシウム・カリウム等の含有量。限りなくこれらの成分が含まれていないのが赤ちゃんにはベスト。
実際、カルシウム・マグネシウム、カリウムの含有量を調べてみるとハワイウォーターが0㎎に対し、国内の水を水源とするウォーターサーバーの水は赤ちゃんの調乳基準値を超える値(基準値の42㎎以下に対し、ナトリウム含有量が48.8㎎)の水も少なくありません

  • 放射線汚染の心配がない国外の天然水であるということ

ウォーターサーバーの水は水道水が水源のケースがあるので要注意!
※ハワイウォーターはアメリカ環境保護庁(EPA)が念のため観測した結果、放射性物質は未検出

  • ウォーターサーバー全体のコストが2,000円/月と安い!

⇒ハワイ産ということで値段が高いイメージがありますが、きちんと各社かかる費用を県産してみるとハワイウォーターは月に平均2,000円(サーバーレンタル費+水代18.9L)と安く、家計にも優しいことが決め手です。
国産のレンタルサーバーでは一見、安そうに見えても契約終了時やメンテ時の送料を負担するものがあったり、年間のメンテ料が必要だったり、1番多いのは定期発送で本数が決められ知らずにノルマが発生しているサービスも少なくありません。


▶▶ 赤ちゃんだけでなく、家計にも優しい水は…ハワイウォーター



Real_col_Attention.png「赤ちゃんプラン」など、ママが興味を持ちやすい言葉に注意!

ウォーターサーバーを紹介しているインターネット上に多く、「赤ちゃんにも…」とありますが、(本当に赤ちゃんに良いのか?その理由は?)と1度足をとめてじっくり確認することをお勧めします。
単に軟水だから◎!というのは間違い。
ミルクを調合するのに、ミネラルに関して一定の基準はありますが、内蔵の弱い赤ちゃんにはよりミネラルが少ない水がからだには優しいのです。
放射能汚染の心配で慌てて注文をし、(やっぱりハワイウォーターがよかった!)と後悔してしまうママも少なくありません。しかもウォーターサーバーは1度契約をすると、半年以内の期間は違約金が発生してしまうケースが殆ど。すぐに別のウォーターサーバーに変更するのは簡単ではないのです。
赤ちゃんを有害なものから守ることはママにしかできません!
まずは「赤ちゃんに本当に良い水とは?」と基本を確認し、サーバー代、水代、1カ月の費用、年間の費用(ボトル1本サービス等の特典があるケースを想定)、ボトルの回収方法もしくは廃棄方法、メンテナンスについて比較することをお勧めします。
なにか疑問があり、悩んでいる場合は徹底比較した管理者まで連絡ください。

ハワイウォーターは真剣に検討したママが選ぶ赤ちゃんに優しい水NO.1です!  ハワイウォーター詳細はこちら